プロフィール

NORI

Author:NORI
20代、会社員。まぁ、ただのカレージャンキーですw
東名阪を中心にカレー、エスニック料理の食べ歩きをしています。
2011年から、東海を開拓中。
はっきり言って表現力無いです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カレー巡り
カレー好きによる食べ歩き記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレー巡り その564「マジックスパイス」ポーク角煮・虚空100
【10月24日(日)付】引越したらネット環境なくなった
先週に引き続き、またスープカレーが食べたくなったので、昨年の6月大須に出店した「マジックスパイス」名古屋店に行ってみました。
マジスパ1
なんば店と同じくド派手な外観。でもコチラは周りの雰囲気に合ってる気がする。

先週チキン食べたので、今回はポーク角煮(1030円)を注文。
辛さは毎回食べてる虚空を頼んだところ、店員さんが裏メニューありますよと・・・そこで、今回は虚空100(+300円)にしてみた。

マジスパ2
虚空の後ろの数字は、タイの唐辛子ピッキーヌの数。通常の虚空は25本です。
単純に考えると4倍辛いことにw見事にスープが赤いな~。

具はかぼちゃに人参、キャベツ、さやえんどう、インゲン、大根、こんにゃく、ジャガイモ、ゆで卵、ヤングコーン、ピーマンなどなど。
具の多いスープカレーの中でも多い方かと。

肝心の味は、旨味より辛さの方が強すぎてバランスが悪いかな~。
最初は美味しいと感じても、途中からツラくなるレベル。個人的には虚空ぐらいでちょうどイイみたいだw

結論として、虚空200は止めといた方が無難。でもアクエリアスは一度試してみたい自分がいる。
スポンサーサイト
カレー巡り その563「南洋の父」ムング豆&パイナップルのカレー
【10月24日(日)付】
今回は以前からチェックしてたお店へ。
高岳駅から徒歩数分の「カレーのオオヤ 南洋の父」に行きました。
南洋の父1
カレーとハーブティーの専門店。

以前は店名にスリランカ料理を掲げていたそうで、今もスリランカのカレーがベースになってます。

メニューは、チキンカレー、ポークカレー、本日の野菜カレー数種よりハーフ&ハーフにするのが基本。
今回は好きな豆カレーと、一番気になったパイナップルのカレーをハーフ&ハーフ(800円)で注文。

南洋の父2
ベジタリアンな組み合わせに。
豆はムングダル。いわゆるパリップですな。豆の食感が残った好みの味だ。

パイナップルのカレーは見た目のインパクトがw さすがに初めて食べます。パイナップルの甘酸っぱさに、チリの辛さが結構効いたカレー。
フルーツカレーをカレーの一ジャンルとして考えている個人的にはアリ!でもこのカレーに関しては、もう少し辛さを抑えた方が好きかも。

食後にアーユルヴェーダの思想に基づいたスパイスブレンドのハーブティーが出ます。
この日はシナモン、チコリ、ハイビスカス、オレンジピール。こういうのが好きな人にはたまらないだろう。お店の雰囲気も相まってリラックス出来そうな気分~。
また行く時は肉系を試してみねば。
カレー巡り その562「らっきょ」舞茸とかぼちゃのチキンスープカレー
【10月17日(日)付】
大阪からの帰り、名駅すぐの「タカシマヤ」で大北海道展をやってるのを発見。
スープカレーないかな~、と覗いてみると・・・ありましたw

この時食べたのはまあまあで、次の週に出店のお店が以前から食べてみたかったところだったので連続で行ってみました。
そのお店が札幌の「らっきょ」。
スープカレーの有名店ですね。

食べたのは、愛別産舞茸と道産栗かぼちゃのチキンスープカレー(1200円)。

らっきょ
具はチキンレッグに、ジャガイモ、かぼちゃ、舞茸の素揚げ、ゆで卵に水菜と人参。
2つの寸胴の出汁を合わせ、3つの缶からスパイスを振りかけてた。多分カレー味の軸となるミックススパイスと辛さ調節用のチリ、あとバジルかな?

味はかなり好み♪噂どおり、コクのある旨味系スープカレーだ。
辛くしない方が美味しそうだったので、選んだちょい辛の3番は正解!

甘いかぼちゃに、しっかりした食感の舞茸は美味。札幌で人気の味は確認することができた。
札幌のスープカレー屋さん、あと何軒か気になってるお店が。現地へ行く機会はあるかな~?
カレー巡り その561「モリ商店」でカレー3種食い
【10月11日(月)付】体育の日
この週大阪へ行った目的はコンサート。
なので、会場近くでまだ行ってなかったお店に訪問。西天満の「モリ商店」。
モリ商店1
この辺りはカレー激戦区ですね。「食堂 玄氣」(しばらく行ってない)と同じ通りにあります。

コチラは、湯島の「デリー上野店」で修行された方が昨年11月にオープンしたお店。(参考記事はコチラ)
最近の関西カレー特集の雑誌だとお馴染みですな。

メニューは、チキンカレー、ひき肉とれんこんのカレー、バターチキンカレー、数量限定のエビとオクラのカレー。
祝日は合いがけが可能なので、チキンカレーとひき肉のカレーの合いがけ(850円)を注文。

モリ商店2
元のベースはインド風ですね~。チキンカレー、かなり好みのタイプだ♪
ひき肉とれんこんのカレーは、粗挽きの鶏肉とサクサクした食感が心地良いれんこんの新感覚キーマ。どことなく和な感じもする・・・醤油でも使ってるのか?

カレーには別皿でピクルス、同じお皿に和え物とサブジも付く。混ぜて食べても面白い!
コレはもっと早く訪問すべきだったか・・・ここで他のメニューも気になったので追加注文をw
バターチキンカレー(850円)。

モリ商店3
程よいトマトの酸味があるクリーミーなカレー。インド料理屋さんのバターチキンとは違うバターチキンですね。
黒いのはカスリメティかな?このカレーも美味い!!

他の人が注文してた、秋ナスのインド風ピクルスが旨そうだった。次行った時にまだあるかな~。
辛さupも無料でちょい辛、ホット、ベリホット、ベリベリホットに出来る。
いろんな楽しみ方が出来そうなお店だ。
カレー巡り その560「ゴヤクラ」鬼辛ラム和レー
【10月3日(日)付】
今回大阪へ行った目的、長堀橋駅近くの和レー屋「南船場ゴヤクラ」の、季節限定となった鬼超えシリーズです。
ゴヤクラ1

秋鬼の今回は好きなラム肉使用ってことで名古屋から遥々w
鬼超えは食べきる自信が全くないので、鬼辛ラム和レーを全がけ(1000円)で注文。

ゴヤクラ2
トマトの酸味も残しつつ、ラム肉の甘さ、唐辛子の辛さとの調和が見事!素晴らしき旨辛具合に~。

ラム肉、柔らかくて(゚Д゚)ウマーイ! クセのあるマトンも好きだけど、ラムもアリだ。
唐辛子は生ジョロキア生ハバネロ使用で刺激も十分。マトン版鬼も食べてみたいと思うのは高望みだろうか・・・

ついでに、次の週も食べに行ったので紹介。
今度は基本に戻って、激辛チキンキーマと麻辣キーマの合いがけ(800円)。

ゴヤクラ3
限定メニューもイイけど、やっぱり基本もね♪
麻辣は和キーマと融合しコンニャクや豆が加わり、DXにはキクラゲ、最新SPにはなんとアサリも登場したそうで、ゴヤクラはますます進化を遂げている様子。
頻繁に通えないのが残念だ。

ゴヤクラの店舗情報と過去記事はコチラ

カレンダー

お気に入りリンク集

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。