プロフィール

Author:NORI
20代、会社員。まぁ、ただのカレージャンキーですw
東名阪を中心にカレー、エスニック料理の食べ歩きをしています。
2011年から、東海を開拓中。
はっきり言って表現力無いです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カレー巡り
カレー好きによる食べ歩き記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレー巡り その693「ル・マグレブ」クスクスカレー
【1月29日(日)付】
単純に‘カレー’から始まって、カレー以外のインド料理やタイ料理を食べていくにつれ、エスニック料理全般に広がった食べ歩きですが、最近興味を持ったのがモロッコ・チュニジア料理の「クスクス」です。

きっかけは「華麗なる食卓」に出てきたラス・エル・ハヌートというミックススパイスからで、今年になってから本屋で見つけた、平凡社新書「クスクスの謎」を読んでさらに興味を持ちました。
そして今回、東京に行ったついでに1軒食べに行ってみました。

お店は二子玉川のモロッコ料理店「ル・マグレブ」。
ル・マグレブ1
上記「クスクスの謎」の巻末リストに最初に紹介されてるお店です。

ここではランチから、いつ頃からか有名になったタジンを使った料理を食べれます。
お目当てのクスクス、平日は日替りで、土日祝日はクスクスカレー&チキンケバブ(1200円)。

ル・マグレブ2 ル・マグレブ3
スープ、サラダ付。
ところで、モロッコに‘カレー’ってあるんだろうか?
クスクスとは、小麦粉から作る粒状の粉食、またその食材を利用して作る料理のこと。
初クスクスは想像より小さな粒。なるほど、こういうものか。

カレーの方は意外にも結構スパイシー。具はジャガイモ、カボチャ、人参。
チキンケバブはしっかりした焼き加減。
クスクスの粒が小さいので、カレーライス感覚で食べれますね。カレーとしてもなかなかイケる♪

これは別のお店でも試してみないと。今度は豪華なクスクス・ロワイヤルを食べてみたい。
スポンサーサイト
カレー巡り その656「肥後橋南蛮亭」チキンカレー&豚バラ和風カレー
【8月12日(金)付】
金曜日。この日のランチは、江戸堀1丁目・玉水通りの地鶏焼鳥屋「肥後橋南蛮亭」に行きました。
肥後橋南蛮亭1 肥後橋南蛮亭2
年に1度、毎年この時期に来ています。

お目当てはもちろん、ダブルカレー(1000円)。
辛さを純粋に楽しみたかったので白抜きで注文。

肥後橋南蛮亭3
この週の日替わりは、豚バラ和風カレー。
出汁のよく効いたカレーに、ゴボウ、人参、シメジ、大根がたっぷり。
皮付き豚肉もトロトロで美味い!! かなり好みのカレーだった。

チキンの方も変わらず旨辛。やはり1年に1度は食べておきたいカレーである。
カレー巡り その647「ガテモタブン」もう一つのブータン料理店
【7月24日(日)付】新しいの買った!
浜松のお次は東京へ。

今回のランチは、代々木上原にあるブータン料理店「ガテモタブン」に行きました。
ガテモタブン1

前に「タシデレ」の記事で書いたブータン料理。日本に2軒しかないお店のもう一つがコチラ。
(※梅坪の「タシデレ」ですが、8月下旬の訪問時しばらくお休みしますの貼り紙があり、9月現在休業中だそうです。貴重なお店、再開を願う。)

ランチのメニューは、A;パクシャパ、B;ジャシャマル、C;エマオムレツの3種類。
Aランチを注文。スープ、サラダ付で850円。

ガテモタブン2
パクシャパは豚肉と大根を唐辛子で煮込んだ料理。
唐辛子の刺激的な辛さアリ!これはなかなか効くな~。
でも私的にはちょうどイイ辛さ。豚肉も美味

連れの頼んだジャシャマルは、鶏もも肉をトマトとピーマンで炒めてパクチーを加えた料理。
辛さはなくパクチーのアクセントがイイ感じだった。

ブータン料理、「タシデレ」で食べたのと同じく、ご飯によく合う料理という印象です。辛いもの好きにはかなり受けると思います。
今度はブータンの代表的料理であるエマダツィを食べてみたいな~。食べる機会あるかな?
カレー巡り その640「ZICOFE」で初ウガンダ料理
【7月2日(土)付】祝アクセス10万
またまた珍しいものを。今度は日進市へ。

名鉄日進駅より徒歩15分ぐらいの、「ZICOFE COFFEE SHOP(ジコフィ・コーヒーショップ)」に行きました。
ジコフィ1
こちらはアフリカ東部に位置する、ウガンダ共和国の料理が食べれるお店です。

ディナーメニューですが、バナナカレーがあります。インド料理でもたまに見る食用バナナを使ったカレー。
食用バナナはウガンダの主食の一つだそうです。

ランチは日替りシチューのセットになってます。日替りランチ(980円)。

ジコフィ2
右より、日替りシチュー、ウガンダ風ピラフ、キャベツのピクルス?、チャパティ、ウガリ、豆の煮込み。写ってませんが、サラダとコーヒーも。

シチューはチキンとビーフがあったのでチキンで。チャパティを付けて食べます。
赤くて辛そうに見えますが、辛さは全くないあっさり味。

ウガリはとうもろこしの粉で作った蒸しパン? 単品だと特に味は無し。コチラは豆の煮込みと合わせます。
豆の煮込み、見た目はカレーに近いが味は全然違う。

ピラフはビリヤニに近い感じ。しっかり下味がついてて(゚Д゚)ウマー! ライスはバスマティかな?今回の中ではコレが一押し。

ウガンダは元イギリス領なので、植民地だったインドの料理が伝わったようです。なので近い料理が多いかと。
機会があればバナナカレーも食べてみたいけど、夜に日進まで行く事はないかw
カレー巡り その639「タシデレ」未知なるブータン料理
【7月2日(土)付】7月分突入
この日は珍しいものを求めて、豊田市に向かいました。

お店は、名鉄線梅坪駅から5分ぐらいのところにあるブータン・インド料理「タシデレ」。
タシデレ1
初のブータン料理です!

ブータン料理は、世界で1番辛い料理だと言われているそうです。理由は唐辛子を多用すること。
唐辛子を香辛料としてではなく、野菜として大量に食べることからきているようです。

今のところ日本のブータン料理のお店は、コチラと東京にあるお店の2軒のみでかなり珍しいです。
コチラの店は女性の店員さん(オーナーさんかな?)が愛知でただ1人のブータン人だそうです。(本人談)

ランチのメニューは、セットが5種類。どれも聞いたことのない名前w 単品メニューにモモやスープがありました。
ブータン・インド料理のお店なので、もちろんインド料理もありますがチェックせず・・・

今回はEセットのスクティを注文。

タシデレ2
右下より反時計回りに、ご飯、スクティ、ブータン風キムチ、肉と旬の野菜を使ったチーズ入りスープ。

スクティは、干し牛肉と玉ネギとトマトの炒め物。香ばしい干し肉とピリ辛の野菜がうまくマッチしてて、なかなかイケます。
辛さは辛くしてもらったけど全然余裕だった。

ブータン風キムチは、正式名ホゲ。辛さも尖ってなく、チーズ風味で食べやすいです。コレは日本でも一般受けしそう。
そして今回の一押しのスープ。これもチーズの風味があり具沢山、なんかの鍋を食べてる気分になりましたが、味は美味い!!

総じて、ご飯に合う料理という印象です。コレは他のメニューも食べてみたいですね~。また行かねば。
ここでインド料理を食べること、あるかな?
カレー巡り その546「ALI’S KITCHEN」ビリヤニランチ
土曜日は愛知に帰る前に、大正のパキスタン家庭料理「ALI'S KITCHEN(アリーズキッチン)」に行きました。
アリーズキッチン1
当初の予定では、金曜に名古屋へ帰って中村区の「ガンダーラレストラン」でビリヤニを食べるつもりだったのですが、予定を変えちゃったので、いつでもビリヤニをやっているというコチラのお店に行ってみました。

インド・パキスタン料理店じゃなく、パキスタン料理専門は初めてかな~?
ランチのメニューは、A~Cのセットにビリヤニが。ディナーメニューも注文できるそうです。
パキスタン料理なのでビーフのメニューも多数。一度食べてみたい、ブレインマサラ(羊の脳みそカレー)もある。

ビリヤニランチ(1000円)を注文。サラダ付。

アリーズキッチン2
トマトベースのグレービーと合わさったパラパラのバスマティライス。肉はチキン。
あまから手帖によると、炊き込み式だそうですが私には判別不能。
でもランチからこのレベルのビリヤニが味わえるのは文句なし(゚Д゚)ウマー!

ブレインマサラ以外だと牛ミノのカレーも気になるな~。
この後、京都に寄るつもりだったけど時間無くて断念。京都も行ってみたいお店が増えている・・・
今回の夏休みは8日間で10軒訪問。うち3軒は2度行ってる。いつも以上によく食べたw
カレー巡り その450「HAFEZ」大阪でもペルシャ料理
この間、神戸・元町のペルシャ料理店に行きました。再訪しようと思ってますが、ぐるなび見てたら大阪にもペルシャ料理店があるのを発見。「cafe婆沙羅」のあとに行ってみましたw

場所は四ツ橋駅からすぐ。ペルシャ・トルコ料理の「HAFEZ(ハーフェズ)」。
HAFEZ1
前に行った、インドレストラン「Shama」の道路向かいだ。

店内はエスニックな雰囲気で、バーも兼ねてるようだ。水タバコもある。
メニューを見てみると、なんと!!カレーがあった。
チキン、エビ、ラムと3種類完備。これもかなり惹かれるんだけど・・・この間はご飯もの食べたので比較がてら、今回もご飯もので。
バガリポロウのランチセット(1000円)を注文。

HAFEZ2
バガリポロウは、そら豆、ハーブ、ラム肉のピラフ。ペルシャの定番料理・・・のはず。ランチセットはサラダと、チャイorコーヒー付。
ご飯はバスマティライスみたい。
ハーブ臭さとかは感じられないあっさり味。ラム肉は非常にやわらかくて美味!!

まだご飯ものしか試してないけどペルシャ料理、口に合いそうだ。
とりあえずカレーは食べとかないと。麺料理も気になるな~。
このお店、私が知らなかっただけで10年前からやってるそうだ。

カレンダー

お気に入りリンク集

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。